• Blog
  • Premium
  • 主要仮想通貨のBitcoinが間もなく1万ドルを射程圏内に
Premium

主要仮想通貨のBitcoinが間もなく1万ドルを射程圏内に

多くの専門家は、仮想通貨市場の動きを継続的に分析しており、専門家のほとんどがBitcoinの今後を予測することにフォーカスしています。最新の分析の1つは、アナリストのOmkar Godbole氏によって発表されたもので、Bitcoinの価格は1か月以内に10,000ドルまで上昇する可能性が高いと指摘しています。この分析によると、資産価値の増加を支持し、$ 14,000から下落した後に形成された下降チャネルが終わったことを示しています。

Bitcoinは、200日間の移動平均で表される9,097ドルのレジスタンスによって妨げられるとGodbole氏は指摘し、今後数日でこのレジスタンスに挑戦するであろうと確信しています。

また、今日の価格が8,200ドルを下回った場合に関しては疑わしいと付け加えています。価格が7600ドルまで下落した場合、長期的な下落のフェーズが始まる可能性が高い、とGodbole氏は述べています。

仮想通貨市場は肯定的なダイナミクスを提示

仮想通貨市場は、今年初めから大きな動きを見せています。以来Bitcoinの価値は約5%増加しており、8,500ドル以上で取引されています。Bitcoinの上昇はこれまでのところ、200日間の単純な移動平均という形で重大な障害に直面しています。

従来市場の専門家はこの曲線を注意深く監視し、仮想通貨市場への影響は、ここでの取引がよりアルゴリズム的になるにつれて大きくなると指摘しています。200日平均という形で8,500ドルのハードルを克服することで、昨年4月に行われたように、完全なラリーを開始することが可能になります。しかし、そのハードルを突破できなかった場合、Bitcoinは正式に下降トレンドになるでしょう。

Arcane Researchによると、Bitcoinの取引量は年初から126%増加しており、投資家の関心を再び集めています。ネットワーク内の取引量は、年始に休業していた機関グループによって作成されているとされています。そんな彼らが現在市場に参入しているという訳です。

市場観測者は、将来の価格変動を制御するのは専門家であるという結論に達し、Bitcoin周りのインフラストラクチャの拡大から判断すると、今、新しいリバウンドの前提条件が揃っているとしています。現時点で、Bitcoinは約8600ドルで取引されており、24時間で価格が7%上昇しています。日別の仮想通貨取引量は41%増加し、330億ドルに達しました。